なぜ、夏バテするの?

夏バテ対策

日本の夏は四季に恵まれていますが、夏は高温多湿で、外国から来た人には過酷な環境だとよく言われます。

外国では気温が高くても湿気が少ないところが多いので、汗をかいてもサラッとして肌から蒸発しやすく過ごしやすいのです。
湿気が多いことが夏バテの大きな原因の一つでしょう。
気温が高くて湿度が高いと身体が一定の体温を保とうとして、身体を冷やすために汗をかいたりして体力を消耗します。
汗をかくことが体温調整には欠かせないのですが、効率良く補給しないと体内の水分が減ってしまいます。
その状態が長く続くと体内に溜まった熱が出ていかず、様々な不調が起こります。
夜に暑くて寝苦しく寝付けないと寝不足になったり、朝寝坊をして生活リズムが崩れます。
暑さで食欲が出なくて食事が疎かになるのも身体の不調へ繋がります。
暑いからと言って冷たいものを食べすぎると胃腸の調子を悪くします。
最近ではエアコンの使いすぎで身体が冷えて、夏バテを促進している事も多いです。
これらの要因が複合して夏バテの原因となっているのです。

 

 

本格的な夏になる前に心掛けておきたい夏バテ対策。

本格的な夏になる前に心掛けておきたい夏バテ対策。

夏バテ解消

夏は楽しい行事があり、日本の風情ある花火やお祭りも楽しめる良い時期です。
しかし夏バテしてしまうと夏を楽しめなくなってしまいます。
そのために今から夏バテ対策をしておきましょう。

 

・規則正しい生活をする。
・基礎代謝が下がるのと胃腸の働きが悪くなるので、暴飲暴食をしない。
・冷たい食品を食べ過ぎないで温かい食べ物と組み合わせる。
・エアコンは28℃にして扇風機を回して使う。
・冷房が効いている場所と、外気温の差を計算して、上着や日よけを準備する。
・意外に肌や髪が乾燥するので保湿をしっかりする。
・汗をかくことを嫌がらないで、歩いたり軽い運動をする。
・汗と一緒にミネラルが排出されやすいので、効率良く食べ物から取り入れる。
・汗をかきたくないと水分を制限しないで、しっかり水分を摂る。
・甘いものを食べたら野菜を食べることを意識する。
・献立に野菜はもちろん、肉と魚の両方を取り入れる。
・麺類だけ食べないで玄米を良く噛んで食べるとビタミンBが摂れて夏バテ解消に良い。
・寝不足なら軽く昼寝をして、疲れを早めに取っておく。

 

以上のことを心掛けておくと夏になっても元気に乗りきれます。

 

というのは、わかっていてもなかなか仕事をしていたり家事をしているとそうもいかないですよね。
そこで夏バテしないためにスタミナがつくサプリを飲んで夏バテ防止をしておくのがオススメです。
夏バテする前にサプリで防止しましょう。
夏バテ解消

更新履歴